移転手続きドタバタ

大阪から生駒への移転手続きは予想以上に煩雑でした。
同じ道をたどる方へのご参考になればと、失敗を活かした流れでご案内いたします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
①大阪法務局にて本社移転登記申請と印鑑届(管轄外への移転のため)
 添付は株主総会議事録、取締役決定書(、委任状)
 http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html

  印紙600円1枚と30000円2枚(大阪用と奈良用)を購入する
 →登記事項全部証明書証を発行してもらう(印紙600円貼付)
 →書類をチェックしてもらう
 →本社移転登記申請書(印紙30000円2枚貼付)と印鑑届書を提出する

○移転後の登記事項証明書を発行してもらえるまで日数を要するので
 しばらくは法務局の処理待ちとなります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
②奈良法務局にて印鑑カード交付申請と登記事項全部証明書証を発行
 http://www.moj.go.jp/content/000011595.pdf
  印鑑カード交付申請をする(少しだけ待つ)
 →印鑑カードを使い端末で登記事項全部証明書証の発行依頼
 (係員がサポートしてくれる)
 →印紙600円を購入する
 →呼ばれたら印紙を渡して登記事項全部証明書証をもらう

③奈良労働基準監督署にて労働保険名称・所在地等変更届
 (労働保険適用事業者の場合)
   http://shinsei.e-gov.go.jp/search/servlet/Procedure?CLASSNAME=GTAEGOVMSTDETAIL&menSeqNo=0000008060&id=4950019900009
 奈良法務局と同じ建物内で助かります。

○コンビニで登記簿謄本のコピー
 奈良税務署内でコピーは取れません。
 最寄りのコンビニは県庁内にありますが、広い敷地内をうろうろしてしまいました。

④奈良税務署にて異動届と開設届
 添付は登記簿謄本コピー
 https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/annai/1554_5.htm
 https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_11.htm
 駐車場は確定申告会場の設営工事のため1月12日から利用できず、利用再開予定は4月 上旬とか。2月8日にして既に確定申告に訪れる人が続々と来られていてびっくり。

⑤奈良県税事務所にて法人設立等申告書
 添付は登記簿謄本コピー
 http://www.pref.nara.jp/14387.htm
 すぐ手前にあるそれっぽい建物は春日野荘、目的の建物はもう数十m先でした。

⑥奈良公共職業安定所にて雇用保険事業主事業所各種変更
 (雇用保険登録事業者の場合)
https://hoken.hellowork.go.jp/assist/600000.do?action=koyohoJigyoChangeLink&screenId=600000

⑦生駒市役所⑪課税課にて法人開設異動
 添付は登記簿謄本コピー、定款コピー、株主又は社員名簿、所在地の略図
 http://www.city.ikoma.lg.jp/0000000029.html
 なぜか駐車場がほぼ満車。でも課税課は待ち人なし。

⑧東税務署宛に次の書類を郵送
 ・異動届出書
 ・給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
 ・登記簿謄本コピー
 https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_11.htm

府税事務所宛に次の書類を郵送
 ・法人異動事項申告書
 ・登記簿謄本コピー
 http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/menkyo/detail.php?recid=3679

⑩日本年金機構大阪広域事務センター宛に次の書類を郵送
 ・健康保険・厚生年金保険適用事業所所在地・名称変更(訂正)届(管轄外)
 ・登記簿謄本コピー
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/jigyosho/20141205.html

⑪船場法人市税事務所宛に次の書類を郵送
・法人・事務所等異動届
・登記簿謄本コピー
http://www.city.osaka.lg.jp/zaisei/page/0000006464.html

○南都銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行で口座の住所変更
 必要なものは銀行・支店によりばらつきがあります。
 いずれかで必要だったものは次の通り。
 通帳、届出印、登記簿謄本、会社番号通知書、本人確認書類
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最後までご覧くださった方どうもありがとうございました。いかがでしたか?
今年からマイナンバーも導入されたことですし、いずれは移転登記をするだけでいろんな手続が完了する時代が来るかもしれませんね。

2016年02月18日|分類:事務所関係