医療費ビッグバン?-2015年国民医療費の概要を見て-

 9月中旬に「平成27年国民医療費の概要」(厚生労働省推計値)が発表された。
 国民医療費は、1955年度は2,388億円であったが2015年度は42兆3、644億円と約177倍に増大している。一方この間に国民総生産(GDP)は、8兆5、979億円から532兆1,914億円へと約62倍に増えている。GDPに対する国民医療費の構成比は、1955年度の2.8%から2015年度は8.0%へと増大している。まさに医療費ビッグバンと言えるのではなかろうか。(下図・下表参照)
 国民医療費を年齢構成別にみると、65歳未満では1997年度の15兆4,057億円から2015年度の17兆2,368億円と1.1倍であるが、65歳~75歳未満では6兆2、787億円から9兆9,647億円と1.6倍、75歳以上では7兆2,305億円から15兆1,629億円と2.1倍に増加。高齢化の進展により、このままでは今後も高齢者医療の負担が大きく伸びると予測される。
 私自身ももうすぐ60代に突入する。医療負担削減のためにも健康維持と病気予防の必要性を再確認させられた数字である。

 健康保険組合連合会(けんぽれん)が、国民皆保険を未来に残していくために一人ひとりが日常生活の中で実績できるアクション(医療費削減)を紹介している。

★健康保険できることアクション (健康保険組合連合会 けんぽれん)
  http://www.ashiken-p.jp/action/index.html
-------------------------------------------------------------------------------
ACTION.01:薬をもらう時はジェネリックといおう!
ACTION.02:健康のためにも運動をしよう!
ACTION.03:コンビニ・時間外受診をやめよう!
ACTION.04:日頃から歯のケアをしよう!
ACTION.05:食生活を見直そう!
ACTION.06:はしご受診をやめよう!
ACTION.07:かかりつけ医・薬局を探そう!
ACTION.08:自分の意見をWEBに投稿しよう!
ACTION.09:健康保険についてみんなで学ぼう!
ACTION.10:健康診断は必ず受けよう!
ACTION.11:婦人科検診を受診しよう!
ACTION.12:流行する前に予防しよう!
ACTION.13:禁煙しよう!
----------------------------------------------------------------------------------



2017年09月20日|分類:統計アラカルト